1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. Bグリム・パワーが開発したラオスのNam Che水力発電所稼働【タイ:発電・エネルギー】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

Bグリム・パワーが開発したラオスのNam Che水力発電所稼働【タイ:発電・エネルギー】

ドイツ資本のBグリム・パワー(BGRIM)では、
同社が開発したラオスのNam Che水力発電所が
稼働したと発表しています。
同発電所はラオス国内サイソムブーン県にあり、
発電能力は15MWです。

サイソムブーン県は農業を中心としており、
ラオスの中で最も経済発展の遅れた県でしたが、
山に囲まれた地形で水資源が豊富なことを活かし、
今後も同地区では大型ダムによる水力発電事業建設が
進められる予定です。

さらにBグリム・パワー社(BGRIM)ではベトナムでの
太陽光発電計画(合計677MW発電容量)も進めています。
計画通り2019年6月中に商業運転が開始される予定です。

Bグリム・パワー社(BGRIM)はタイ国内外で追加発電
プロジェクトに投資し、2022年までに総容量を5,000MWに
引き上げる予定です。

同社2018年業績は売上372億2600万バーツ、
純利益18億6200万バーツでした。
2019年は新たに開始された電力プロジェクトにより、
売上が前年比+15~20%増加する見通しです。

また、ベトナム、カンボジア、マレーシア、フィリピン、
ラオスでさらなる発電プロジェクトへの投資も
計画しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事