1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ国内カフェチェーン市場はCafé Amazonを筆頭に年間10%増(1)【タイ:カフェチェーン市場】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ国内カフェチェーン市場はCafé Amazonを筆頭に年間10%増(1)【タイ:カフェチェーン市場】

タイ国内におけるカフェチェーン市場は、カフェ・アマゾンを
筆頭に年間10%増で拡大を続けています。

ユーロモニター・インターナショナルの調査によると、
タイの年間コーヒー消費量は一人当たり200杯で、
フィンランド、ノルウェー、日本、ベトナムよりも低いため
まだ伸びる余地があると予想しています。

(タイ国内のカフェチェーン市場規模)
2016年:191億6000万バーツ
2017年:212億2000万バーツ
2018年予測:234億7000万バーツ
2019年予測:258億6000万バーツ
2020年予測:284億0000万バーツ
2021年予測:309億5000万バーツ

大手店舗数データでは直近のトップがカフェ・アマゾン:
2,000店舗以上、続いてインタニン・コーヒー500店舗と
しています。

タイ国内のコーヒーショップ(カフェ)と言えば、
以前までは道端で屋台を開業するタイプ(3平米)が
数多くありましたが、近年は警察による取り締まりや
道路規制によって縮小してきています。

また学校前、大学内、商業施設などでは小スペースの店舗も
存在し、味もそれほど良くなく甘味料を多く入れるタイプが
多くありましたが、近年は50平米ほどのスペースを賃貸し、
近代的なフランチャイズ店舗として展開するビジネスモデルが
成長しています。

PTTオイル&リテール(PTTOR)社の運営する「Café Amazon」
は、タイのコーヒー消費者が今後も年率15~20%で伸びる
予測と、自社インフラを活かした戦略で店舗拡大を
進めて行くとしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事