シンガポールの郵便・物流のシンガポール・ポスト

シンガポールの郵便・物流のシンガポール・ポスト(SPOST)が
発表した通年の業績は売上で9億7010万Sドル、
純利益1億5700万Sドルでした。
郵便サービス、物流サービスなどをシンガポール国内と海外で
展開しています。
主要事業は3つで郵便、物流、小売りです。
またEコマース部門も強化しています。

シンガポール国内では速達サービス、物流vPOSTインターネット
ポータルサイト、倉庫、フルフィルメントおよび配信サービス、
貨物輸送、セルフストレージソリューションでの輸送サービスなど
様々な製品や代理店、送金サービス、金融サービスを含むサービス
を展開。
電子商取引のビジネスも提供します。
同社は電子印刷や派遣サービス、電子プラットフォーム、商品流通の
ための再利用可能なロッカーを提供します。

同社は1819年に設立され、2003年にシンガポール証券取引所(SGX)に
上場しました。

2014年5月に中国Eコマース最大手のアリババ・グループ・ホールディング
(阿里巴巴集団)がシングポストの2位の株主となり、
出資額は3億1,250万Sドルと発表されています。
これにより、アリババ社はシンガポール・テレコミュニケーションズ
(SINGTEL)に次ぐ2位の株主となりました。