Archive by category 不動産・建設

インドネシア新規上場のサリメラティ・ケンカナ社とグナ・ティムール・ラヤ社、企業解説【インドネシア:小売】

インドネシア新規上場のサリメラティ・ケンカナ社とグナ・ティムール・ラヤ社、企業解説【インドネシア:小売】

サリメラティ・ケンカナ(PZZA)社とグナ・ティムール・ラヤ (TRUK)社は、2018年5月にインドネシア証券取引所(IDX)へ 新規上場しました。 インドネシア証券取引所の新規IPO件数は2018年5月だけで7社、 […]

Read More

シンガポールの住宅不動産開発大手は好調を維持【シンガポール:不動産】

シンガポールの住宅不動産開発大手は好調を維持【シンガポール:不動産】

シンガポールの住宅不動産市場は政府の価格抑制政策で 減速傾向ですが、他国展開をしている大手数社の業績は 好調を維持しています。 シンガポール証券取引所(SGX)上場の不動産開発最大手、 キャピタランド(CATL)は中核事 […]

Read More

インドネシアのホテル大手、売上規模の大きい企業に関して【インドネシア:ホテル・観光】

インドネシアのホテル大手、売上規模の大きい企業に関して【インドネシア:ホテル・観光】

・ジャカルタ・インターナショナル・ホテル(JIHD)  1969年に事業を開始した不動産開発・ホテル経営の大手です。 ホテル開発およびホテルサービス、不動産開発、オフィスビル、 ショッピングセンターおよび関連施設に従事し […]

Read More

インドネシアの建設大手は国営企業が強く、民間企業が追随【インドネシア:建設】

インドネシアの建設大手は国営企業が強く、民間企業が追随【インドネシア:建設】

インドネシアの建設大手は国営企業が強く、民間企業がそれに 続く形です。 国営大手では以下の4社があります。 ワスキタ・カリヤ(WSKT)、ウィジャヤ・カリヤ(WIKA)、 PP(プンバングナン・プルマハン)(PTPP)、 […]

Read More

2018年上半期インドネシア・ジャカルタ不動産は低迷の予測(2)【インドネシア:不動産】

2018年上半期インドネシア・ジャカルタ不動産は低迷の予測(2)【インドネシア:不動産】

2018年現在、ジャカルタ首都圏では大量輸送交通機関と 軽量輸送システムなどの建設・開発が進んでいます。 大手不動産開発各社ではこれら公共交通機関に近い 物件開発を進めているため、将来的にはインドネシア 不動産需要が改善 […]

Read More

2018年上半期インドネシア・ジャカルタ不動産は低迷の予測(1)【インドネシア:不動産】

2018年上半期インドネシア・ジャカルタ不動産は低迷の予測(1)【インドネシア:不動産】

不動産コンサルタントのジョーンズ・ラング・ラサールでは、 インドネシアのジャカルタ首都圏における不動産市況として、 アパートメント販売は2018年上半期低迷気味であったと 判断しています。 高級・富裕層購入者の景況感が戻 […]

Read More

サンシリ子会社、プラスプロパティ社は独占販売代理事業で140億バーツ超を目指す【タイ:不動産】

サンシリ子会社、プラスプロパティ社は独占販売代理事業で140億バーツ超を目指す【タイ:不動産】

不動産開発プロジェクトのコーナー・ラチャティウィーは、 サンシリ(SIRI)子会社のプラスプロパティ社が販売代理を務める 10プロジェクトの1つです。 プラスプロパティ社ではネットワーク力を活かして 新規開発者向け・上場 […]

Read More

インドネシアの建設会社、ヌサ・コンストルクシ・エンジニアリング【インドネシア:建設】

インドネシアの建設会社、ヌサ・コンストルクシ・エンジニアリング【インドネシア:建設】

ヌサ・コンストルクシ・エンジニアリング(DGIK)は、 商業系施設、高速道路、道路建設などを手がける建設・ エンジニアリング企業です。 1982年に設立され従業員は1500名以上、本社はジャカルタに あります。 大型建設 […]

Read More

フィリピンのゴコンウェイ財閥の持株会社、JGサミット・ホールディングス【フィリピン:コングロマリット】

フィリピンのゴコンウェイ財閥の持株会社、JGサミット・ホールディングス【フィリピン:コングロマリット】

フィリピンのゴコンウェイ財閥の持株会社である JGサミット・ホールディングス社(JGS)はフィリピン 最大級のコングロマリットの一つです。 航空交通、銀行、食品、ホテル、石油化学、発電、出版、 不動産、不動産開発、電気通 […]

Read More

タイの2018年上半期に新規供給された小売商業施設面積は74,000平方m【タイ:小売・不動産】

タイの2018年上半期に新規供給された小売商業施設面積は74,000平方m【タイ:小売・不動産】

米系不動産コンサルタントのコリアーズ・インターナショナルでは バンコク首都圏における2018年上半期における小売商業施設面積の 新規供給が74,000平方メートルだったと発表しています。 小売デパート整備事業費は680億 […]

Read More